かかとのひび割れを解消・改善するには

スポンサード

送料無料!30日以内であれば使用後でも返品・交換OKです。


シルクかかと保湿パック


かかとのガサガサをツルツルに!着けて寝るだけで、速攻レスキュー

6層に重ねたシートの保湿成分や遠赤成分による発汗+ラップ効果

シルクは吸放湿性も高く、長時間着けてもムレずに安心

 

ひび割れかかとも簡単にケアできる

 

ひび割れてしまったかかとのケアには気を使います。
特にひどいひび割れを起こしてしまった状態だと、軽石で擦るといったケアはすべきではありません。

 

ひび割れが深いと血が出てきてしまうこともありますし、あまり深く擦りすぎると、
翌日に歩く時に痛みが生じてしまった、ということもありえます。

 

かかとケアというとどうしても削る、擦るといったケアが一般的なように考えられています。

 

しかしそんな人たちに、オルビスの「シルクかかと保湿パック」を勧めてみると、
数日使っただけでもみなさん驚きの報告をしてくれるんです。

 

これは靴下タイプのケア用パックで、見た目はつま先の抜けたソックスです。

 

実際に使ってみると、ちょっとしたかかとのカサカサならば
翌日にはつるつるになっているので驚きです。

 

ひび割れてしまっているかかとのケアとなると、さすがに翌日に
つるつるという訳にはいきませんが、リスクを負ってまで削るよりも安全で簡単です。

 

日々こまめにかかとを擦るケアをするのは、とっても面倒ですよね。

 

このかかと保湿パックは、これだけあればかかとケアが出来るので、
クリームといったものは一切必要がありません。

 

靴下タイプなので、何度でも使えるので毎日寝ている間にかかとケアをすることが出来ますね。

かかとがひび割れる原因

かかとがひび割れてしまう原因は「乾燥」です。

 

人によってはお肌がそもそも乾燥しやすい場合もありますし、
年齢を重ねるとともに乾燥しやすくなるといったことも考えられますね。

 

昔はかかとがツルツルだったのに、ここ数年いきなりガサガサになり、
ひび割れてしまったというのは、加齢による乾燥が原因とみるべきでしょう。

 

かかとが乾燥してしまうと、水分不足によってかかとの皮膚の伸び縮みが困難になってきます。

 

そんなかかとで歩いたり、走ったりと圧力が加わるような
ことをしてしまえば、ひび割れてしまうのも無理はありません。

 

かかとのひび割れの原因が乾燥であることさえわかってしまえば、ケア方法はいたって簡単ですね。
そう、実は「保湿」がかかとケアの鍵になるんです。

 

かかとの保湿の方法は、お風呂上りに保湿クリームを塗って
かかとが乾燥しないようにする、というものがあります。

 

さらに念を入れたいときには、就寝時などにかかとを保湿することが出来る、
専用のソックスなどを履くようにすると良いですね。

 

この場合には、普通の靴下ではなくあくまでかかとケア用のものを履くようにして下さいね。
普通の靴下に比べると、効果が段違いなので是非試してみてください。

効率よくかかとのひび割れをケアしよう

かかとのひび割れは、冬などのお肌が乾燥する時期になると酷くなっていきます。

 

ひび割れの初期段階では、足の裏に僅かな刺激を感じる程度ですが、
そのままケアを行わずに放っておくと、症状は日に日に悪化してしまいます。

 

かかとのひび割れが悪化すると、痛みが激しくなるなどの深刻な症状も発症してくるので、
かかとケアはなるべく早い段階で行うようにしたいですね。

 

かかとがひび割れるのは、かかとの皮膚が
乾燥していることに加えて、強い圧力を受けることが原因です。

 

足の裏は体重が集中するところであり、
そもそも皮膚自体が厚い部分なので、特にひび割れやすいんですね。

 

かかとがガサガサしている程度ならば、まださほど目立ちませんが、ひび割れてしまうと
皮膚が黄色がかった白になってしまい、ひび割れが目立つようになってしまいます。

 

中にはひび割れて血が出てきてしまうといった方もいるようなので、
かかとを保護することが出来る保湿ソックスなどを着用するようにしてケアを行いましょう。

 

勿論クリームなどで保湿するという方法もありますが、
クリームでの保湿はつけても効果が持続する時間は限られてしまいます。

 

それに比べて保湿ソックスは着用している間はケア出来るので、
就寝時などの長時間のケアならば保湿ソックスの方が効率良くケアできるでしょう。